Cast a Spell

Cast a Spell

「ささやかな魔法をかけろ」

愛と憎しみ、好きなほうを取ろう

f:id:maipage:20180502162608j:plain

ごきげんよう、マイです。

前の記事で愛について考察をしてみましたが、最初に考えたことは愛ってひっくり返るよねと思ったことでした。

castaspell.hatenablog.com

あなたも経験があるかもしれません。時により、愛が一瞬にして憎悪にかわる。一体さっきまでの愛はどこへ消えたの??って。

ひっくり返る。

ほんと見事にです。

でもあなたの勘違いでまたひょいっと憎しみが愛に戻ったりします。

そこで思ったのです。

強い憎悪や憎しみを持ってる人は愛を持つことができる。愛のかけらもないじゃんって人も深い愛をちゃんと持っている。

 

表裏一体という言葉があるように愛には裏がある。残念なことでセットで切り離せない。でもエリ・ヴィーゼルによると「愛の反対は憎しみではなく、無関心」とのことです。反対ではない。反対であったとしても、

そもそも1つだよねって話じゃないのだろうか。

愛と憎しみは繋がってる。
ポジティブとネガティブも繋がってる。
陰と陽も繋がってる。

どちらが良いとか悪いではなく単に1つ。男と女で人はできているみたいな。

それに対する価値観も人がつけているのでは??

昼と夜があります。

よく考えると宇宙は暗い。真っ暗が基本だ。たまたま光ってる星があると照らされる。

ほんとは暗い夜がスタンダードで、宇宙的には昼がイレギュラーな状態ではないのか。

でも私たちは昼が基本だと思っている。夜に生きてるものは夜行性と呼んでいるけど、こっちのほうが広い宇宙の世界かからみれば普通なのかもしれません。不思議です。

では憎しみは?

私はその対象を許さなくてもいいと思ってます。憎めるだけ憎もう!!!
(相手に危害を加えるとかじゃないですよ)

でも嫌な気分になるから好きじゃない(´・ω・) 好きじゃないからいらない。

例えば電車に乗らなければいけない。

1つの車両は憎しみを抱えた人がたくさん乗っている。だけどあなたに憎しみは向けられていない。でも周りの人があいつクソがっとかブツブツ言ってたりイライラしてるのがみえる。

もう1つの車両は愛を抱えた人がたくさん乗っている。あなたに愛は向けられていない。ニコニコしてたり、嬉しそうな顔の人がみえる。

どちらに乗りたいか?
私は後者がいい。

自分も周りの人もこの感情をもっているとお互いが影響しあう。

人はその瞬間、一度に2つの感情を持てない。

どちらかしか選べないのであればやさしい世界がいい。もちろん反対を選んだっていい。自由です。


そしてこの先、運がよくなっても、幸せになっても、成功しても、嫌なことが起こらないってことじゃない。

いつか自分の家族はいなくなり、可愛がってる猫だってさよならがやってくる。それと同じくらいどうしようもないことがきっとある。

そのときは愛が消えるかもしれない。選択する余裕もないかもしれない。

だけど1つならちゃんともとに戻れる。

悲しいことだらけの人生だとしても、1つなら愛にあふれた平和な人生にひっくり返すことができる。

瞬間の出来事に全てを持っていかれないでほしい。

その先はちゃんとあるから。

自分の心の中をしっかりのぞいてみて。

マイでした。
愛も憎しみもどっちもすごい執着だよね。(性質は同じ)